2月26日に蓮根の共同測定会を開催しました

2月26日に蓮根の共同測定会を開催しました。
19名が賛同し、皆さんの関心の高さがうかがえました。
思ったより参加者が多かった為、急遽検体を4検体とし、岡山県産・佐賀県産・山口県産・茨城県産蓮根を用意しました。
結果次第では、測定後の検体を食べることにこだわったので、測定室お隣のアトリエをお借りし、検体の下準備からスタートしました。
総量約4.5キロ分を手分けして皮を剥き、ひたすらすりおろし。
なるべく節が閉じているものを購入したものの、中が泥で汚れているものがあったり、また、含まれている水分量等、産地による品質の違いもみられました。

測定中は産地を日本地図で確認し、西東京市の給食食材蓮根の測定結果や厚労省の測定結果の検出・不検出例の確認をしたり、測定員が調べた蓮田の土壌改良についてや、蓮根の調理方法など、わいわいおしゃべりしながら結果を待ちました。

結果、今回の茨城県産の検体からは検出となりました。

国の基準値以下の数値ですし、結果に関しての判断はそれぞれだと思います。

しかしながら、不検出となるよう努力されている生産者さんがいらっしゃるのも事実です。
今回の測定結果を受けて、消費者として出来ることは何なのか、改めて考えていかなければいけないと思いました。

長時間測定の検体以外は測定員が持ち帰り、我が家では、小麦粉と塩を混ぜ、ちょっと醤油をかけて香ばしく焼いた「れんこんもち」が、子どものおやつとなりました。

蓮根については今後も測定を続けていきたいと思います。

産地毎の測定結果です。

【岡山県産】
1800秒測定後3600秒に延長して測定しました。

①測定時間:1800秒[重量:1146g]
セシウム合計 空欄
・Cs-137 判定 下限未満 検出下限値2.72Bq/Kg

・Cs-134 判定 下限未満 検出下限値2.55Bq/Kg

②測定時間:3600秒[重量:1146g]
セシウム合計 空欄
・Cs-137 判定 下限未満 検出下限値1.94Bq/Kg

・Cs-134 判定 下限未満 検出下限値1.81Bq/Kg

【佐賀県産】
1800秒測定。
①測定時間:1800秒[検体重量:1115g]
セシウム合計 空欄

・Cs-137 判定 下限未満  検出下限値 2.79Bq/Kg

・Cs-134 判定 下限未満  検出下限値2.61Bq/Kg

【山口県産】
一回目の1800秒測定にてピーク検出は無いもののCs-137のみ検出の判定となった為、再度1800秒測定し、後日64800秒測定をしました。いずれも検出下限値以下でしたので、1回目の「Cs-137検出の判定」は、ノイズなどによる誤判定の可能性が高いと思われます。

①測定時間:1800秒[重量:918g]
セシウム合計3.53±2.32Bq/Kg

・Cs-137 判定 検出 放射能濃度3.53Bq/Kg 絶対誤差±2.32Bq/Kg

統計誤差65.8%  検出下限値 3.39Bq/Kg

・Cs-134 判定 下限未満   検出下限値3.17Bq/Kg

②測定時間:1800秒[重量:918g]

セシウム合計 空欄

・Cs-137 判定 下限未満   検出下限値3.39Bq/Kg

・Cs-134 判定 下限未満   検出下限値3.17Bq/Kg

③測定時間:64800秒[重量:918g]

セシウム合計 空欄

・Cs-137 判定 下限未満  検出下限値0.77Bq/Kg

・Cs-134 判定 下限未満  検出下限値0.72Bq/Kg

【茨城産】
一回目の1800秒測定にてセシウム合計7.68±2.79Bq/Kgの結果となった為、64800秒に延長して測定しました。検体が発酵し膨張した為、後日重量を減らし再度64800秒測定をしました。

①測定時間:1800秒[検体重量:1189g]

セシウム合計7.68±2.79Bq/Kg

・Cs-137 判定 検出 ピーク検出有   放射能濃度5.05Bq/Kg

絶対誤差±2.21Bq/Kg  統計誤差39.3%  検出下限値 2.63Bq/Kg

・Cs-134 判定 検出   放射能濃度2.63Bq/Kg

絶対誤差±1.71Bq/Kg   統計誤差65.0%  検出下限値 2.46Bq/Kg

②測定時間:64800秒[検体重量:1189g]

セシウム合計6.30±1.08Bq/Kg

・Cs-137 判定 検出 ピーク検出有  放射能濃度3.85Bq/Kg

絶対誤差±0.89Bq/Kg  統計誤差10.7%  検出下限値 0.60Bq/Kg

・Cs-134 判定 検出 ピーク検出有  放射能濃度2.45Bq/Kg

絶対誤差±0.62Bq/Kg  統計誤差15.1%  検出下限値 0.56Bq/Kg
③測定時間:64800秒[検体重量:1069g]

セシウム合計 5.82±1.04Bq/Kg

・Cs-137 判定 検出 ピーク検出有   放射能濃度3.37Bq/Kg

絶対誤差±0.82Bq/Kg  統計誤差13.3%  検出下限値 0.66Bq/Kg

・Cs-134 判定 検出 ピーク検出有  放射能濃度2.45Bq/Kg

絶対誤差±0.64Bq/Kg  統計誤差16.5%  検出下限値 0.62Bq/Kg

測定員 加藤M


カテゴリー: これまでの活動, 測定ブログ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。