11月4日福島県会津若松市の白米を測定しました

福島県会津若松市産の白米を測定しました

今年も新米の季節になり、知人から福島県会津若松市産の新米を頂きました。

福島県のお米は全量全袋検査をして結果を公表していますし、さらに知人が手間を掛けて送ってくれた物ではあるのですが、毎日沢山の量を食べるので、できる限り検出限界値を低くして数値が知りたいと思い測りました。

 

2014年11月4日測定

1800秒

Cs137 下限未満 検出限界値3.07Bq/kg

Cs134 下限未満 検出限界値2.88Bq/kg

 

64800秒

Cs137  下限未満 検出限界値0.70Bq/kg

Cs134  下限未満 検出限界値0.65Bq/kg

 

結果はCs137、Cs134共に下限未満でした。

自分の目で確認が出来たので、これでセシウムに関しては他のどのお米より納得して食べることが出来ます。

 

あまり有名ではないかもしれませんが、福島県の農海産物はどれもとても美味しいのです。

原発事故が起こる前、福島県の知人から届く季節の品は楽しみでした。

今は以前のように素直に喜べない事に後ろめたさも感じていますが、きちんと測り、自分の中で納得できる答えが出た物については食べるという選択をしたいと思いました。

測定員 見千

 

 


カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。