5月23日小豆川勝見さんのワイワイ寺子屋報告

5月23日(土)、学習会「わいわい寺子屋」を開催しました。今回はゲスト講師に、東京大学助教で放射線測定の第一人者、小豆川勝見さんをお招きしました。1月の公開講座とは趣を変え、今回は測定者の疑問に即したレクチャーをしてくださいました。

IMG_2027
レクチャーの中心は、あるびれおで使用しているNaIシンチレーション式測定器が放射線をカウントして描く波形の意味。本来は数式を用いてこそ正確に解説できるところを、私たちのレベルにあわせた数式なしでのわかりやすい説明に、あらためて腑に落ちるところが多く、しかし、やはり「波形を見る/読む」ということは「計算する」ことなのだと解されました。その計算をソフトウェアが代行し、測定結果として数値化しているわけです。結果のシートをもとに利用者の方に説明するにあたっても、大いに役立つお話でした。
深い専門知識、福島原発の現場での経験、真摯なお人柄と伝えることへの熱い思い。ナイスガイな小豆川さんのお話に魅了された3時間でした。そして、学び続け、測定と福島への理解を深めていくことの大切さも痛感させられました。


カテゴリー: これまでの活動, 測定ブログ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。