11月23日栃木県産赤だいこんとほうれんそうを測定しました

11/23本日の測定はだいこん(赤だいこん)と、ほうれんそうです。

依頼の方は、栃木につながりが、おありになるとのことでありました。
測定の結果は以下の通り
だいこん 栃木産 553g
1800秒
Cs137  下限未満  検出下限値 5.99Bq/kg
Cs134  下限未満  検出下限値 5.57Bq/kg
ほうれんそう 栃木産556g
10800秒
Cs137  下限未満  検出下限値 2.56Bq/kg
Cs134  下限未満  検出下限値 2.37Bq/kg
セシウムは見つけることはできませんでした。検出下限値のしたの値に、セシウムがある可能性をお話させていただき、このほうれんそうや、だいこんが、0ベクレルとは言い切れないこともお伝えしました。
よりセシウムが少ない可能性の食品を食べる大切さや、鍋の季節で食材をよくえらんでいらっしゃることなどのお話をうかがいました。今後も野菜や食べもののことを考えたいとのことでした。
わたしからは「福島でいま生活している人々のこと、いっしょに考えましょ」とお話ししました。
お客さまからは、原子力発電をやめてもらいたいとの強いご意見をいただき、共感するわたしでありました。
  測定員 土方隆一

カテゴリー: 測定ブログ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。