4月22日(土)わいわい寺子屋「医療被曝についてみんなで考えよう」を開きます

4月22日(土)に、小児科医山田真さんを講師に招いた講座を開きます。お子さまの同伴歓迎しておりますのでぜひお気軽にお越しください。お待ちしております。

わいわい寺子屋
みんなでわいわい、学ぼう、考えよう!
小児科医の山田真さんとお話しませんか?

テーマ
医療被曝についてみんなで考えよう

講師 山田真さん(放射能から子どもたちを守る全国小児科医ネットワーク代表)

福島原発事故で大気中に放出された放射性物質のうちセシウム 137 は半減期が30年、原発事故はなお進行中なのです。
わたしたちは放射能の不安に科学的に向き合わなければ、といえます。放射能のことが気になる方、ぜひご参加ください。お子さまの同伴歓迎します。

わいわい寺子屋では、山田真医師から「放射能ってからだにわるいの?」「放射能と面白い免疫の話」などを学んできました。
今回も講話のあと、参加者が語り合うグループディスカッションを大切に“わいわい”とくつろいだ時間をとり、放射能のことをみんなで一緒に考えます。

日 時 4月22日(土)14:00-16:30(開場13:30)
場 所 田無公民館3階 視聴覚室 (西東京市南町5-6-11 田無駅南口より徒歩3分)
参加費 500円 ※高校生以下無料
定 員 30名 事前申し込み不要 先着順 お子さま同伴歓迎

お問い合わせ先 佐藤090-2907-0551(18 時~ 21時)

主催●放射能測定を考える会・西東京
後援●西東京市社会福祉協議会/にしとうきょう市民放射能測定所あるびれお

image


カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。