3月9日(土)太田昌克さんの「核と日本」講演会を開きます。

2011年3月の東京電力福島第一原発事故から8年が経ちました。

今回の講演会では、1960年に日米間で結ばれた核の密約を取材し続けてきた共同通信社編集委員の太田昌克さんを迎えて「日本政府はなぜ原発を手放そうとしないのか」について語っていただきます。

どうぞ、皆さん、ご参加下さい。

太田チラシ

 

 


カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。