2021年4月30日 福島県産のコシアブラとタケノコの測定をしました

福島の田舎から山菜が届きました。原発事故から10年目の今、山菜たちはどうなっているでしょうか。

測定結果① コシアブラ 福島県産 398g 測定時間 30分

Cs137:420B㏃/㎏±84㏃/㎏  検出下限値10.0㏃/㎏

Cs134:19.6㏃/㎏±7.4㏃/㎏  検出下限値9.27㏃/㎏

測定結果② タケノコ  福島県産 574g 測定時間 30分

Cs137:14.2㏃/㎏±5.3㏃/㎏  検出下限値6.81㏃/㎏

Cs134:下限未満        検出下限値6.27㏃/㎏ 

コシアブラはセシウムをよく吸収して、除染植物にできるとまで言われているそうです。

食べるのにはまだまだというところでしょうか。

タケノコはCs134が下限未満でしたが、検出下限値の6.27㏃まではあるかもしれないということは否めません。

          (測定員 水野) 

カテゴリー: 測定ブログ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。