武蔵野市産のナスの放射能を測定しました

お盆も過ぎました。
スーパーに行って、近場でとれたナスを買ってきました。

紫の皮が艶やかです。

皮をむいてフードプロセッサーにかけて、測定しました。

結果はセシウム137、134共に、検出下限値以下でした。

測定結果:
武蔵野市産ナス(2020年8月購入) 918g  3時間測定  

Cs137 下限未満(検出下限値1.92Bq/kg)

Cs134   下限未満(検出下限値1.79Bq/kg)  

Cs-137と134をあわせて、5Bq/Kg以上は含まれていないと推測します。 

     (測定員 梅村浄) 

カテゴリー: 測定ブログ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。