12月28日 西東京市南町3丁目の土を測定しました。

今までは、食品の測定のみ行ってきたあるびれおですが、食品以外の測定も行うことになりました。

そこで、まず、うちの裏の土を測ってみました。

小石や葉っぱを取り除いて、乾燥させてから測定


測定結果:西東京市南町3丁目の土(2020年12月) 1000g 30分測定


セシウム137: 43.0 Bq/kg ± 9.3 Bq/kg 検出下限値3.30 Bq/kg

セシウム134: 8.45 Bq/kg ± 2.83 Bq/kg   検出下限値3.11 Bq/kg

この結果が、高いのか低いのか、どう受け止めたらよいものか、正直よくわかりません。ただわかることは、放射能は消えないということ。安心はしていませんが、食品に含まれる放射性物質は、だんだんと少なくなってきています。

これは、測定してきたからわかったことです。では、その素材を生み出す土壌の現状は、どうでしょう。

測ることでわかるのです。

みなさまのお宅の土も測ってみませんか?
                  

                                           (測定員 若月)

カテゴリー: 測定ブログ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。