1月21日西東京市柳沢3丁目の排水溝の土を測りました。

我が家のベランダの下の排水溝をたどった先の曲がり角の蓋を開けると、腕の付け根まですっぽり入るくらいの深さに黒土がありました。

2021年1月14日に土を採取し、4日ほど乾かしてから測定しました。

測定結果:西東京市柳沢3丁目の土(2021年1月) 804g 30分測定

セシウム137 :336 ± 67 Bq/kg  検出下限値 5.50 Bq/kg

セシウム134 :31.2 ± 7.7 Bq/kg  検出下限値 13.7 Bq/kg

セシウム137とセシウム134合わせて、367 ± 67.4 Bq/kgが検出されました。

477.6keVに宇宙線生成核種のベリリウム-7が出ており、セシウム134が多めに出ています。

この芝生には、ほとんど人は入ってこないのですが、時に珍しいお客さまが現れます。タヌキやハクビシンなど…。

彼らも内部被ばくして、あちこち動き回っていると思うと、いろいろと考えてしまいます。

                                                     (測定員:水野)

カテゴリー: 測定ブログ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。