2021年4月7日 西東京市向台町1丁目の土を測りました

この辺り一帯、武蔵野台地は主に関東ローム層から成っているようです。

武蔵野台地といえば、野川公園の辺りのはけの道が有名ですね。

今回の土はお庭から取って、乾かしたものを測りました。

測定結果  西東京市向台町1丁目の土 774g 測定時間 1800秒

Cs137:8.39±4.38㏃/㎏   検出下限値4.36㏃/㎏

Cs134:19.3±5.1㏃/㎏   検出下限値4.08㏃/㎏

Cs137の値が、これまで測った土の中では、少ない方でした。

Cs134の値は多めに表示されていますが、中味はウラン系列のBi214(ビスマス214)という自然放射能の値が影響したものです。

          (測定員 水野)

カテゴリー: 測定ブログ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。